JPEGファイルをPDFファイルに変換する方法(裏技?)

JPEGファイルを作成した後に、やっぱりPDFにすれば良かったと思うことはありませんか?
ScanSnap Organizerで検索可能なPDFに変換したいと思う人も多いはずです。
再度、スキャンを行えばいいですが、既に原稿を捨ててしまっている可能性もあります。
その場合は、ScanSnap S1100,ScanSnap S1300,ScanSnap S1500に付属のScanSnap Organizerを使用することで、JPEGファイルをPDFファイルに変換できます。
しかも、ScanSnap Organizerで検索可能なPDFに変換できます。

まあ、S1500ならAdobe Acrobat 9 Standardを使用することで、PDFファイルに変換することは可能ですが・・・その場合はScanSnap Organizerで検索可能なPDFにはできません。
※ScanSnap Organizerで編集できるのはScanSnapで作成されたPDFのみのようです。

私の個人的な感じでは、ScanSnap OrganizerでOCR認識を行った方が、文字認識率が良いように思います。

以下の手順をお試し願います。

1)
ScanSnapで作成したPDFファイルを用意します。
もしなければ作ります。
作成されたPDFファイルはScanSnap Organizerに保存します。

2)
ScanSnap Organizerを起動し、ScanSnapで作成されたPDFファイルを右クリックし、[ScanSnap Organizerビューア]をクリックします。
  
3)
ScanSnap Organizerビューアが表示された画面で、PDFファイルに変換したいJPEGファイルを選択し(一度に複数選択することも可能です)、ドラッグアンドドロップで[ページ一覧]に持ってきます。
※[ページ一覧]が表示されていない場合は、[ホーム]タブの[画面モード切替]をクリックし、[ページ一覧]を表示させます。

4)
正常に追加されましたら、最初からあったページを削除します。

5)
ページ一覧が、上記で追加されたJPEGファイルだけになりましたら、ScanSnap Organizerビューアの画面左上の[アプリケーションボタン]をクリックし、[名前を付けて保存]をクリックします。

6)
ファイル名と保存先を設定し、作成されたPDFファイルを確認します。

7)
ScanSnap Organizer上に移動し、検索可能なPDFに変換できるかをお試し願います。

1 件のコメント:

  1. JPGをオリジナルとして保存しておきたかったので非常に助かりました。
    ありがとうございます。

    返信削除